スカスカデス

写真とか子供とか植物とか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ねむむすめ

20100409234459
娘眠過ぎです

コメント返せてなくてごめんなさい
スポンサーサイト
  1. 2010/04/09(金) 23:42:10|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

光が丘公園一人散歩

土曜に、久々に一人になる機会があったので、どこかへ行こうかな?とも思ったのですが、ちょうど車検で車が無かったので、近所の光が丘公園にカメラ片手に行ってきました。

とくに目的も無く、適当に写真を撮ってきました。

だから、ものすごく脈絡も無い写真ばかりを、それでも羅列 ^^;


タンポポ
タンポポ咲いていました。

花

ハト
ハト。目が怖い ^^;

カモ
マガモ

カモ

鳥

カラス?
カラスかな?

オナガ?
オナガ?

アオサギ
アオサギ

オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ

オタマ
オタマジャクシ!

魚

鳥

鳥

幹

花

公園

椿?

桜

スズメ
スズメってかわいいですよね

カルガモ
カルガモ

ハト
いばったハト

幹

幹

工事

花壇

花壇

花壇

花壇

本当は虫がいればなぁと思ったのですが、まだ早いですね ^^;
  1. 2010/03/28(日) 23:58:38|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

μ TOUGH‐6010

コンデジ オリンパス μ TOUGH‐6010を買いました。



普段はデジイチのオリンパス E-620を使っているのですが、「通勤で持ち歩きたい」「そして仕事でも使いたい」というのがあって、コンデジ購入を思い立ちました。

私の使っている携帯電話のカメラはどうしようも無いので、そちらをあてにするつもりはありません。

そして、コンデジをせっかく買うのならば、E-620では出来ない事が出来るものが良いなと思いました。

コンデジでオリンパスを選んだのは、単純にE-620もオリンパスだからです ^^;

μ TOUGH‐6010で魅力に感じたのは、

・対衝撃 1.5mの落下は平気!
・防塵
・防水 3mまでOK!

あと、仕事的に嬉しいのが、35mm換算で28mmなところ。
現場で撮影する時って、結構広角側が欲しい事が多いんですよね。


さて、実際μ TOUGH‐6010で適当に撮影してみました。




風景ぐらいは問題無く撮れそうです。




カメラ任せだと、測光が思い通り行かないイメージです。
変に明るくしたがったり、逆だったり。
ま、カメラ任せなのがいけないのでしょうが、それを一生懸命設定するのはコンデジでは面倒かなぁ。







3cmまで寄れるというマクロですが、バシピンにするのはコツがいりそう。




光があれば問題なく綺麗。




人も結構綺麗に撮れますね。


うーん、まだわかりませんね ^^;
ちょっと使ってみて、また気づいた点があったら報告したいと思います。
  1. 2009/10/13(火) 00:03:53|
  2. μ TOUGH‐6010
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

スカスカ

Author:スカスカ
自己紹介のページはこちら

スカスカのつぶやき

Twitter Updates

    Twitter

    flickr

    www.flickr.com
    skaskadeath's items Go to skaskadeath's photostream

    スカスカデス掲示板
    足跡等気軽に書き込んで下さい^^

    月別アーカイブ

    カテゴリー

    Script by Lc-Factory
    (詳細:Lc-Factory/雑記)

    最新記事

    過去記事一覧

    最新コメント

    最新トラックバック

    BLOG PEOPLE

    このBLOGをBlogPeopleに登録

    219851コロニー

    コロニーな生活☆PLUSの話題

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    グーバーウォーク

    blogram投票ボタン

    設置:090915

    BLOG内検索

    RSSリンクの表示

    QRコード

    QRコード

    '10.1/13Start

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。